リフォームのデザイン、マンションリフォームはお任せください

スタッフ紹介

住生活コンサルタント

澤口祐紀

住生活コンサルタント

澤口祐紀Hiroki Sawaguchi

シニア世代の20年後の安心安全をナビゲーションする専門家

岩手県出身。東北学院大学法学部卒、東急建設にて修業した後にスイコーへ入社。ハウスメーカーの下請け工事の現場管理により住宅建築についての経験を積む。入社歴○○年、20○○年より専務取締役。
スイコーが脱下請け化によるリフォーム事業の推進役。2級建築施工管理技士、二級建築士、宅地建物取引士と住宅建築関係の必要な資格を取得し、業務品質向上へ貢献。
現在は、「老活セミナー」を主宰し、顧客様の相続や住み替えのコンサルティングを中心に現状の住生活の問題解決のサポートを行っている。住宅の専門家として弁護士、税理士、司法書士他の各専門家と調整しお客様の財産を守る提案が好評。専門分野の新築やリノベーションにおいては、人生100年時代に応じた住み替え・住み継ぎ・住み繋ぎを可能とするリセールバリューの高い住まいづくり提案を行っている。
スイコーの3代目候補として日夜研鑽に励んでいる。

千葉由章

住生活コンサルタント

千葉由章Yoshiaki Chiba

30代の住宅取得者のための生涯価値の高い住まいづくりの専門家

宮城県出身、仙台三高卒。団体職員として重度知的障害児支援に従事、宮城県水泳連盟出向を経てスイコーに入社。まったく異なる住宅建築の世界に入り下働きから修業。建築実務経験7年を積み上げ二級建築士の受験資格を取得し、挑戦1回で合格。更に宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(いずれも国家資格)を次々に取得し、住生活コンサルタントに必要な3種の神器(建築士、宅建士、FP)を備える専門家。2019年取締役に就任。
消費者向けの「住宅リフォーム補助金セミナー」の企画運営を推進し、スイコーNo.1の講師実績回数を誇る。2千名超の受講者に住宅リフォーム業者が消費者に伝えない安全快適で家が長持ちする本格的リフォーム工事の情報提供を行っている。
また、「みやぎ長期優良住宅を推進する会」の副会長として国が推進する地域型住宅グリーン化事業による住まいづくりを住宅消費者に提供している。
空き家問題が全国的に深刻化し仙台市も例外ではなく、その一方で子育て世帯の住宅取得が難しくなっている。そのミスマッチを解消すべく中古住宅を新築以上の住まいにリノベーションするスイコー独自のプロジェクトの推進責任者として活躍。たたき上げの住生活コンサルタントとして第一人者である。

高橋怜

住生活コンサルタント

高橋怜Rei Takahashi

30代の住宅取得者に生涯住居費をコンサルティングする専門家

宮城県出身。仙台リゾート&スポーツ専門学校卒、スキューバ−ダイビングインストラクター、外資系企業の営業、バーテンダーと人と直接係わる仕事にて社会人として成長。バーテンダー時にスイコー社長澤口にスカウトされて入社。即戦力の営業マンとして期待されたものの成果が上がらず、現場にてイチから学ぶことになる。持ち前のフットワークの軽さ、転んでも前向きに立ち上がるタフさにより短期間で数多くの現場量をこなし建築全般についての経験を積み上げた。スイコーの新築事業の開発責任者に抜擢され、新築・リノベーション・不動産売買仲介のワンストップサービスの礎を築いた。2019年に取締役就任。
東日本大震災の時には、国連機関WFPの支援作業にボランティアとして参加するなど公益なことへの関心も高い。
現在は「初めてのお家づくりセミナー」講師を務め、生涯住居費を最適化するコンサルティングによる住まいづくりを提供している。たたき上げの現場をよく知る住生活コンサルタントして活躍。勉強し続ける姿勢を変えずに、現在二級建築士取得にチャレンジしている。

千葉哲也

住生活コンサルタント

千葉哲也Tetsuya Chiba

これから20年以上住まう方のための住宅リフォームの必須技術に長けている専門家

宮城県登米市出身。東北学院大学工学部卒、新卒でスイコーへ入社。社長澤口と同学部学科卒の後輩。専攻した建築学を基礎に地道に住宅建築の現場知識を増やし、二級建築士そして1級建築施工管理技士(国家資格)を取得。住生活関連の資格も次々に取得し専門家としての技術を磨き続けている。特に省エネ(断熱)性能の知見においてスイコーの第一人者である。
国が推進する消費者保護の政策である住宅瑕疵担保履行法によるリフォームかし保険制度などを積極的にお客様へ情報提供し、安全安心な住まいづくりのコンサルティングに定評がある。また、給水装置主任技術者、排水設備工事責任技術者資格を有しており、水回りに関する高い専門性を持つ数少ない建築士という一面もある。
次は宅建士を取得し住生活コンサルタントとしてのキャリアアップを目指している。
気仙沼市出身の千葉美宏と社内婚。それぞれの出身地がNHK朝ドラ「おかえりモネ」の舞台になるなど縁の強さを持つ人材であり、これから更に飛躍が期待される。

足立光弘

住生活コンサルタント

足立光弘Mitsuhiro Adachi

自分らしい生活を実現したい60代に安心できる住生活づくりをサポートする専門家

宮城県出身。東北学院大学卒。地元仙台の内装資材卸会社へ就職。壁クロス、カーテン、絨毯など生活の彩りに影響を及ぼす住宅の装いを住宅会社や内装工事会社に提案し活躍。仕事を通じてインテリアへの興味が更に高まり、インテリアコーディナーターの資格を取得。お客様のより豊かな生活を実現するには自ら携わる必要を感じて転職を決意しスイコーに入社。
住宅リフォームの巾の広さ深さに魅了され専門的知識を深める努力を継続し、宅地建物取引士、二級建築士を続けて取得。既存住宅の調査において秀でた実績があり、特に耐震診断においては小屋裏や床下を的確に見切ることでお客様の安心を得るための下支えをしている。
また、スイコーの不動産事業の開発を担い新築・リノベーション・不動産売買仲介のワンストップサービスの礎を築いた。おだやかな性格ではあるが芯が強くスイコー内のいぶし銀として活躍している。
現在、住生活コンサルタントを担いつつ、YouTubeスイコーチャンネルの動画配信の担当を兼務。お客様に住生活の生涯価値を高める有益な情報を提供し、安全安心そして快適な生活のサポートをしている。

室井剛二

住生活コンサルタント

室井剛二Koji Muroi

30代の住宅取得者のためのロングライフデザインな住まいづくりの専門家

福島県出身。東京法律専門学校仙台校卒。多能工募集にてスイコーへ入社。職人見習いからスタートして水回りの基本的な工事を覚え、珪藻土塗りを全国各地から引っ張りだこの珪藻土左官の匠の元で修業。珪藻土の泥だんご教室のマイスターとしても活躍。小学校やコミュニティセンターにて子供向け教室の講師をしている。
現場経験を積み上げる中で次のステージとして住生活コンサルタントへ引き上げられる。まったく違う仕事に変わっても持ち前の温厚でまっすぐな性格からお客様の評判が高く、休日や仕事を終えてからの時間を費やして二級建築士を取得。
住宅ローンアドバイザーの資格も有し、お客様の直面している課題解決と共に中長期的なライフプランニングによる居住計画を合わせてコンサルティングを得意としている。
今後は、多面的な住生活改善提案力に磨きをかけて最適な居住費で暮らしを豊かにする提案力を身につけようとしている。

デザイナー

高橋加奈

デザイナー

高橋加奈Kana Takahashi

主婦が安心して相談できる住宅建築デザインの専門家

宮城県出身。東北工業大学大学院卒、新卒でスイコーへ入社。大学院にて専攻した建築学と住宅リフォームとのギャップに直面しつつ、お客様と直接住まいづくりの打合せを重ねたことで住宅建築についての技術を磨く。入社から最短期間で一級建築士を取得し、住宅建築における構造並びに省エネ(パッシブデザイン)についてスイコーNo.1の技術者である。
仙台市の戸建木造住宅耐震改修工事実績など全国で数少ない耐震技術を持つ女性一級建築士として注目を受けている。
YouTubeスイコーチャンネルの動画スピーカーとして、視聴回数実績において社内のトップを守り続けている。動画コンテンツは、住まいづくりにおける重要なポイントを分かりやすく伝えていることが好評の理由になっている。
大学との連携により戸建住宅の再生(一般レベルの新築以上の性能へ向上)させる技術開発にも携わり、更なる活躍を期待されるデザイナーである。

尾崎見和子

デザイナー

尾崎見和子Miwako Ozaki

ミドルシニアのための住生活の家族時間・ひとり時間デザインの専門家

福島県出身。東北外国語専門学校卒。大手通信会社へ入社し企業向けのOA機器販売の営業をする。提案する複写機や通信機の導入により経費削減を実現し中小企業経営者に喜ばれる。ハードワークをこなす傍ら、子供の頃からの夢であったインテリアコーディネーターとして活躍する想いを捨てきれず転職を決意。スイコーへ入社。
住宅建築の基本から学びインテリアコーディネーターの資格を取得。デザイン力を高めていき作品コンテスト優秀賞などを受賞するまでになる。得意なのはリビングとキッチンのデザイン。室内の移動と着座の視点、家族時間など、空間・時間・人間という3つの間を鑑みたお客様のライフスタイルに、さりげないポイントのアイデア提案が好評。
見た目重視のフェイク的デザインがトレンドになっている中でも、お客様の生涯価値を鑑みた本物志向のデザイン力に磨きをかけている。特に自然素材を用いたデザイン力については今後更に卓越していくと期待されている。

斉藤綾子

デザイナー

斉藤綾子Ayako Saito

働く女性のためのわたし時間をくつろぎたい空間デザインの専門家

福島県出身。東京造形大学卒。広告会社にて広告制作に従事。海外旅行など自由な生活に憧れて契約社員の道を選択。オペレーター、レストラン店長、印刷物の検査など様々な業務を経験。そのような時に東日本大震災を体験。命のはかなさを直面し自分自身が何者なのか、何を求めて生きているのかを内省。学生時代に代々住み継がれている築200年の住宅建築を通しての生活文化に刺激を受けたことを思い出し、一念発起して住宅建築を生涯の仕事にすることを決意。就活をしながらインテリアコーディネーターの資格を取得しスイコーへ入社。
住宅建築の理想と現実のギャップが大きく、自由に生活してきた自身の甘さを痛感。仕事の基本からやり直しながら、持ち前のデザインの感性を活かした提案力を地道にスキルアップしている。長方形という制約があるマンションの空間デザインが得意。
更にスキルアップのため二級建築士に挑戦、20年、21年と学科試験においてあと僅かで不合格になったものの諦めずに3回目の挑戦を決意している。

千葉美宏

デザイナー

千葉美宏Chiba Mihiro

水と住まいと健康生活の専門家

宮城県気仙沼市出身。東京農業大学卒。就職活動では住宅建築関係ではない異業種を志望していたがスイコーの理念に共感し新卒で入社。衣食住の食の分野である農業と住の分野である建築、まったく違う分野のイメージではあるが実は健康生活においての関係性が濃い。社会人になって以来、住宅建築についての学習を積み重ねつつ健康生活についての知見を磨いている。
第一子そして第二子の出産による産休・育休期間中も自己啓発を欠かさずにお客様のよき相談相手としての活躍へ備える。
損害保険募集人としての資格を有し、戸建住宅の火災保険についてアドバイスを担っている。

クラフトマン

竹林豊

クラフトマン

竹林豊Yutaka Takebayashi

見知らぬ職人を家に入れるのが不安なご家庭のため安全安心な知見を有している多技能工

宮城県出身。宮城県工業高校卒。電気工事会社へ就職、配線図作成などの実務を経て現場で身体を動かしたいと転職。次の電気工事会社にて現場従事により技能を身につける。バブル崩壊からの住宅着工件数の著しい減少により会社が倒産。これからはリフォームの時代と考えスイコーに入社。
ベテラン職人(配管工)の元で給排水工事を覚えつつ水回りリフォームにおける多技能工として成長。第二種電気工事士、一級配管技能士など職人として住宅建築において必要な資格を取得。珪藻土塗りやクロス張りなどの内装仕上げ工事も研修により技能を有している在籍21年のベテラン多技能工である。
「竹林さんいる」と顧客様からの指名によるリフォーム・リペア・メンテナンス依頼が多い。多技能というオールランダーなため最も多忙な職人である。また、10年の実務経験を必要とする増改築相談員や警察と連携して住まいの安全を確保する防犯設備士の資格を有し、お客様の安心生活向上の提案力を有している希有な職人でもある。

三浦茂

クラフトマン

三浦茂Shigeru Miura

本物の大工としての基本並びに住まいづくりの技術を持つ多技能工

宮城県出身。宮城県仙台高等技術専門学校卒。地元工務店に入社。大工見習いとして5年間の修業し、1年間のお礼奉公。更に5年間勤務した後に独立のため退社。請負でハウスメーカー新築の大工工事をする。年に4~6棟完成させる。その間に1級建築大工技能士、2級建築施工管理技士(いずれも国家資格)を取得。現代ではほとんど行われていない職人としての修業並びにお礼奉公経験者である。
施主が見えないハウスメーカーのパターン化したモノづくりに働きがいを見いだせなくなりお客様に近い仕事をしたくてスイコーへ入社。ところがお客様に近くなったものの住生活に関するあらゆるお困り事を相談されるようになり住宅関連の幅広い職人としての技能を習得することになった。現代の住宅建築は分業化が進み数多くの専門職があるものの、元々大工は基礎工事や屋根工事など左官以外のあらゆる工事を担っていたこともあり本質的な大工としてキャリアアップしたとも言える。
増改築相談員の資格取得によりお客様の住生活の問題解決の知識を習得し、施工現場が円滑にそして高品質で仕上がるよう活躍している。

坂田博秋

クラフトマン

坂田博秋Hiroaki Sakata

ヘルパーの優しさを備えた誠実な住宅専門の多技能工

宮城県出身。宮城県農業高等学校卒。大手電機メーカーグループ会社へ就職したものの2年弱で退職。地元土建会社に転職し身体を動かす仕事に馴染み、職人としての基本を身につけていた最中の5年後に会社が解散。設備工事会社へ転職し給排水設備工事に従事。勤勉に励んでいた8年目に倒産。不運が続き職種をヘルパーに変えることを決意し地元の病院へ転職。ホームヘルパーの資格を取得し順調に勤務していた6年目に腰を痛めてしまい退職。
療養したもののヘルパーに復帰することが出来ず、職人の世界へ戻ることを決意しスイコーに入社。
ヘルパーの仕事を通じて優しさに磨きがかかった職人として再スタート。給排水工事以外の住宅工事を厭わず勤勉に活躍している。
住宅専門の多技能工として技術に磨きをかけつつ増改築相談員の資格取得。お客様のご要望において住宅の問題を見極める能力も高くなり、多くのお客様にご安心いただける正社員の職人である。

齊藤風音

クラフトマン

齊藤風音Kazane Saito

棟梁を目指す大工見習い。未来の中心的担い手として嘱望される。

青森県出身。高卒後、大工職になるため仙台工科専門学校へ入校。新卒でスイコーへ入社。新築やリノベーションの現場に入り大工としての下積み中。棟梁になることを目指していることから専門的技能に加えて一般教養についても積極的に学習している。スイコー創業50年代の職人の中心的役割を担う人材として期待されている。

事務職

佐々木公次Sasaki Koji

川村みつ枝Kwamura Mitsue

中島友里絵Nakashima Yurie

嘱託・パート(若干名)