リフォームのデザイン、マンションリフォームはお任せください

事業案内

長く住み続けたい

毎年平均寿命が伸びていることにより住まいも同様に長寿命化が必要になりました。
国の統計によると昭和から平成にかけての戸建住宅は平均で30年前後にて滅失しています。住宅は耐久消費財というモノだったということです。現実的に建築物やダムや橋、道路などの構造物も完成時から劣化が始まっています。新しいうちは劣化のスピードが遅いため分かりにくいだけであり、経年により劣化のスピードが加速していくのです。
「人が住まなくなった空き家は朽ちていくのが早い」ということを耳にされたことがあるのではないでしょうか。

近年は戸建住宅もマンションも認定長期優良住宅が建てられるようになりました。一般的な新築よりも性能が高い住宅を建築し、計画的な維持管理を行うことで50年以上住み続けられる住まいにする措置です。
この制度を既存住宅にも適用させようとしているのが国の進める「長期優良住宅化リフォーム推進事業」です。
お化粧リフォームとも呼ばれる住宅設備機器機の交換や内装模様替えなどの必需リフォームとは一線を画す性能向上リフォーム(長寿命化リフォーム)です。

築20年から30年の家でこの先20年から30年住み続けたいとお考えの場合には必要なリフォームです。 「住宅リフォーム補助金活用セミナー」にて長く住み続けるにはどのようなリフォームが必要なのかを知ることができます。