リフォームのデザイン、マンションリフォームはお任せください

スイコーについて

キャラクター紹介

スイコーらしさ

童謡「ぞうさん」は、日本人の多くが子どもの頃に聴いたり歌ったりしたことがあると思います。まどみちお氏による作詞であり「ぞうさん、ぞうさん、おはながながいよのね。そうよかあさんも長いのよ・・・♪」と続きます。

私が20代の頃、元請先のハウスメーカーの研修にて、日本興業銀行出身で日本経営システム(株)の経営者の浅野喜起氏(1917~2008)の講演録を手にしました。その中にこの「ぞうさん」の歌詞についての話があったのです。
「子どものぞうさんが他の動物の子供達を遊んでいる時に、『おはながながいよ、私たちと違っているよ』と暗に言われたことに対して『そうよかあさんもながいのよ』と返している。これは、みんなと違っていてもおかしいのではないと自覚している」というエピソードでした。

社長になり会社を経営し社員を率いていくと、なかなか思うようにならなかったり社員がてんでんばらばらに動くなど、社員の問題にばかりフォーカスしている状況に陥った時に本棚に置いていた講演録をふと手にしたのです。そこで、このエピソードが腹落ちし、社員の「ありのままをありのまま受け入れる」ことから始めて、社員の長所を伸ばし生き生きと働けるように導くのが経営者の役割なのだと考えを新たにしたのでした。そのような背景があり、ゾウをキャラクターにすることにしたのです。

パパ
ママ
じいじ
ばあば